カテゴリー別アーカイブ: ErgoSoft社RIP

Windows Update後 Ergosoft RIP が起動しないお客様へ

Windows Update後に、プリントクライアントが見つからないというエラーで、ErgoSoft RIPが起動しない事態が発生することがあります。

Ver.15に関しては、ErgoSoftからHotfixがリリースされました。
通常のお客様は方法1のHotfixのインストールでご対応ください。

Ver.14のお客様、バージョンに関わらず開発版を利用している場合など特別な場合は方法2でご対応ください。

ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

▼方法1:Hotfixのインストール

この手順に従って、インストールしてください。
手順の前半に記載されているバックアップ作業は必ず実施してください。
事前にバックアップをしなかった場合の復旧調査、および復旧作業は、有償とさせていただきます。

▼方法2:windowsupdateの更新プログラムをアンインストール

こちらなどを参考に、更新プログラムをアンインストールしてください。

その後、こちらなどを参考に、WindowsUpdateの自動更新をOFFにしてください。
※自動更新が有効になっていると、次回更新時にアンインストールした更新プログラムが再インストールされることがあります。

※HotFixなど対応済みのバージョンに更新(再インストール)した場合、自動更新はONに戻すことをご検討ください。
ONに戻す方法は、こちらに記載されています。

対象となる更新プログラムは、KB4056892です。
別の名称として次の場合があります。
KB4056888, KB4056890, KB4056891, KB4056893, KB4056895, KB4056896, KB4056898, KB4056899

 

ErgoSoft社パートナーロゴ付き宣誓書

ErgoSoft社RIPの輸入販売を20年以上にわたって継続
ErgoSoft社パートナーロゴ付き宣誓書

当社は、スイスのErgoSoft社ソフトRIPの輸入販売を20年以上にわたって継続しています。看板業界はもとより、その高いカラーマネジメント機能が評価され、現在では繊維印刷業界での最も知られた高性能RIPとしてその利用が拡大しています。当初は他社のRIPを標準搭載していた日本の各メーカーもこぞってErgoSoft社RIPの簡易版を各種プリンターに標準搭載するようになってきました。当社としましても、誇らしい限りです。

当社は顧客への直接販売だけでなく、販売店や、ErgoSoft社RIPをOEM販売するプリンタメーカー様にも商品を卸しています。このような取引様から、「ErgoSoft社の正規輸入業者であることを示せ」というご依頼もあり、添付のような ErgoSoft社がパートナーとして認める相手に使用を許可するロゴ入りの宣誓書を掲示することにしました。

私どもは、お客様の様々なご要望に応じて、出向してのプロファイル作成をお受けしています。RIPの持つ機能を最大限に発揮させる技術サービス力を磨いています。ご使用中のお客様だけでなく、新規導入をご検討のお客様も、お困りの課題などありましたら、ご遠慮なく当社にお声をかけて頂きますようお願い申し上げます。