カテゴリー別アーカイブ: Sublimation

Monti Antonio社との歩み

「貴社の転写システムを日本で販売できないかどうか、問い合わせしました」

こう、インターネットで検索して見つけたイタリアの Monti Antonio社に問い合わせを入れたのは 2002年の11月です。もう16年前になります。以後、直輸入を開始して、大型フラットベッドタイプから輪転高速機までの様々なタイプのシステムを日本で販売してきました。写真のシステムは小型輪転リボン布用転写システム、M-76型です。

ご覧の写真のように、納入前には、当社技術者が出荷前の確認作業を行います。当社の自慢は、15年のアフターサービス必要期間でメーカー技術者の出向要請をしたことが一度しかないということです。その一度も、顧客へ納入後にシステム中心部まで分解しなければならないメーカーのヒーター組み込み不良によるもので、通常のアフターサービスでは必要の無いレベルの物でした。通常のアフターサービスでは、大型輪転システムのフェルト交換作業などを含め、豊富な経験を持った社内技術者が対応しています。

 現在は、Monti Antonio社システムを取り扱う他の商社も出てきています。それでも、少なくないお客様から、営業をしないでもご購入の際にご指名頂ける理由を、20年以上前に取り組んだインクジェット昇華転写印刷のカラーマネジメント技術を含めた当社技術サポート力と捉えています。「しわが発生するので下紙が悪い。もっと薄いものが良い」と訴えてこられたお客様がいらっしゃいましたが、当社サービス技術者がシステムの使用方法をアドバイスした結果、同じ下紙を問題なく使えるようになった例などもあります。

ここで、新規に転写システム導入をご検討に皆様に是非ともお伝えしたいことがあります。他社の転写システムと比較すると、Monti Antonio社システムは高価です。迷われると思いますが、予算が取れるのであれば絶対お勧めです。当社のお客様で、導入後にシステムに苦情を言われるお客様はいらっしゃいません。予定されたご商売が無くなったところ以外は、ほぼ満足され、多くが二台目以降もMonti Antonio社システムを導入されています。

 当社も、昇華転写印刷取組み時期にアジア製の廉価なシステムを取り扱ったことがあります。それなりの活用はされたのですが、比較すると頻繁な故障対応が必要な上、品質が限定されていました。当社の顧客で、高い印刷品質で各社の目標になっているお客様も、お使いのシステムはMonti Antonio社のものです。このシステムをお勧めしているのが(株)サンリュウであるということをご検討材料の中にお加えください。

→ さらに詳しく Monti Antonio社の転写システム について

 

 

小型熱プレス機用Tシャツ拡張フレーム『楽枠ライト』

小型熱プレス機でオリジナルTシャツ作成に使うとすごく便利! な、Tシャツ拡張フレームをご用意しました。作業時の効率アップが見込め、火傷避けにも効果があります。特に、熱プラテンを上下旋回開閉する機種の場合は、上下空間が狭いので効用大です。

小型熱転写機で昇華転写/カラーコピー転写でのオリT作成用拡張フレーム

 

皆さんは、熱プレス機テーブルにシャツを載せて、プラテンに触れて火傷しないよう気をつけながらシャツを広げる作業をされていると思います。

 

Tシャツを綺麗に広げて転写機に載せないと、しわ等で転写失敗することが…

でも転写作業時は高温になってるのでTシャツを広げるのがけっこう大変。

 

又、テーブルにシャツを載せてからでないと、シャツを広げる作業は始められません。外段取りで作業が出来なければ、一着当たりの作業時間を短くすることが出来ません。

Tシャツ拡張フレーム『楽枠ライト』があれば外段取り可能に

 

この外段取りを可能にするのが、Tシャツ拡張フレーム『楽枠ライト』です。熱くなった熱プレス機テーブルでなく、通常のテーブルでのシャツ拡張作業が出来、そのまま熱プレス機テーブルへ移載できるので火傷のリスクも最小になります。垂直プレス水平移動方式でなく、あおり式とかヒンジ式と呼ばれる熱プラテンを上下旋回開閉する機種の場合は、開いても上下空間が狭いので効用大です。

熱くなった熱プレス機テーブル上でなく、火傷の心配のない場所でシャツ拡張作業が可能

 

下記の用途への採用をご提案します。

1)シャツ前面、背面への画像転写用途
2)脇部への画像転写用途
3)拡張作業の外段取りで高速作業用途
4)転写紙跡を無くす「ピットレス転写」用途

Tシャツ拡張フレーム『楽枠ライト』のサイズは、シャツに合わせてSサイズからXLサイズまで伸縮可能です。ご採用の場合は、転写中に前処理や後処理作業を行えるよう1本でなく複数本ご購入いただき効率化を図るようお勧めします。シャツを拡張して待機させても、フレームは縦置きで重ねられるので広い場所を占有しません。特注サイズ、特注形状にも対応可能です。ご相談下さい。

 なお、「ピットレス転写」は、当社開発の特許申請中の技法で、ポリエステルTシャツへ昇華転写した時に、転写紙の形にシャツが凹んで跡が残る問題を解決する技法です。これについては、後日、又詳しく解説します。

 

 

 

 

 

 

 

(株)サンリュウの昇華転写への軌跡

このたび、当社は、販売する昇華転写紙のメーカーブランド名を公開することにしました。メーカーは製紙工場をオランダに持つ Neenah Coldenhove (コールデンホフ)社です。Neenah Paperの子会社です。

https://www.coldenhove.com/
https://www.neenahpaper.com/

■当社は製造設備を持たない

当社は商品仕様設計は行いますが、製造は行いません。製造設備を持ちません。米国への輸出を開始したオリジナル商品・フードプリンタ(写真)も、ヘッド、基板、RIPソフト、などを選択して品質と性能確認を行ないましたが、仕様決定後は機械製造を外注委託しています。インクや転写紙のような資材も、開発段階での協力はしますが製造はせず、メーカーからの仕入れ販売です。

■ブランド名に関する当社の戦略
販売時のブランド名は、当社の独自ブランドにするのが基本です。当社の名前が市場に対してより価値があることが前提です。ただし、メーカー名を出した方がメリットがある場合は、メーカーのブランドを用います。

 

例えば、床用広告ツールは「フロアデコ」という商品名でスタートしましたが、

早い時期にメーカー名の「フロアウィンド」(写真)に変更しました。当社の役割が小さな商品だったからです。

■当社の先進性
当社がインクジェット捺染印刷への取組みを開始したのは、ほぼ20年前です。業界の草分け的存在であり、「サンリュウの扱う資材だから、RIPだから買う」と言っていただけるくらい、導入先進技術へ高い評価を頂いて来ました。この先進性については、現在の市場を見るとお分かりいただけるのではないでしょうか。

創立以来23年間販売を続ける ErgoSoft RIP(写真)は、今や日本の各プリンタメーカーが、その簡易版をプリンタに標準搭載するようになってきています。

 

  

 

MontiAntonio社熱転写機(写真)を早くから持ち込んだのも当社です。

    

 

■Coldenhove社の昇華転写紙
Coldenhove社は1661年設立の歴史あるオランダの製紙メーカーです。当社は、昇華転写紙の開発後間もない時期である19年前に輸入販売を開始しました。昇華転写紙の特許を取得したColdenhoveは、ロイヤルティを得て、他の多くの転写紙メーカーに、基本特許を供与している立ち場にいます。自社商品の品質は、当然トップレベルにあります。

そのColdenhoveが今でも、新商品発売、商品仕様変更などの時は、世界の代理店の中から真っ先に当社にサンプルを提出して、品質確認テストを依頼して来ます。「転写紙を使いこなすための経験と知識を持っている」との評価からです。日本市場でもこの点に信頼を頂き、サンリュウブランドが支えられています。

■市場の拡大と新たな展開  (アパレル業界への拡販)
市場は変化を続けています。サイン業界での昇華転写は行き渡り、年率三割を超える勢いで売上げが伸びているのが世界のアパレル業界向け転写紙です。当社のアパレル業界での知名度は高いと言えません。このままでは、代理店としての責任が果たせません。ここでは、Coldenhoveの世界でのブランド力の高さを活用しない手はありません。現在は、「Coldenhove転写紙」と検索しても当社の社名が出てきません。このマイナスを解消するため、「Neenah Coldenhove」というメーカー名を公表することを決めました。従来商品の変更はありませんのでご安心ください。

■今後について
転写紙段ボール箱表側ラベルを、当社が国内で貼り換えていましたが、今後はメーカーのラベルをそのまま残します。原油価格上昇があって世界的に用紙は、値上がり傾向にあります。仕入れコストに応じた値上げは避けられない部分がありますが、ラベル貼り換えコストの排除などを、値上げ幅抑制に生かして行きます。

上に挙げたものの他にも、当社が業界に先駆けて取り扱いを開始したの商品で、その後に業界各社が追随する例が後を絶ちません。資本主義経済の競争が促進されるのでこれは、歓迎です。技術力を磨き、当社はさらに先に進み続けます。新しい考案は特許申請をしています。世界を網羅する情報網を活用して、最先端の確かな商品を市場に紹介して行きます。皆様とアイディアを分け合いながら道を切り開き、共に発展して行きたいと考えています。

転写紙巻き取り装置_TU-420 評価用貸出機のご案内

今年初め(2018.1月)に紹介した「EPSON PX-6250S/PX-6550用転写紙巻き取り装置_TU-420」が、お客様より使いやすいと大好評!

購入を検討したいが、実際につかってみないと……というお客様用に、評価用貸出機を準備いたしました。

ご自分の手で、TU-420の性能を確認してみてください。

また、評価の中でご要望に合わない仕様上の問題などがございましたら、お気軽にご相談ください。
できる範囲内で対応させていただきたく思います。

なお、当社は正確なやり取りと迅速さを大事にしております。
商社様や同業者様のお申し込みはご遠慮ください。

昇華転写用マグカップ商品のご紹介

昇華転写用マグカップ商品のご紹介です。

(株)サンリュウの昇華転写用商品の定番となっております、マグカップ商品を改めてご紹介します。

 

なお、弊社のマグカップ商品は、お客様へなるべく安価にてご提供するために、弊社の品質判断基準を設けており、それに基づいた価格設定となっております。

その為、弊社の品質判断基準にご理解およびご了承いただいた場合のみの販売とさせていただいております。

※弊社の品質判断基準につきましては⇒こちらのPDFファイルをご参照ください。

 

◆マグカップ 11oz HG 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥5,400(税抜)/@¥150
【サイズ】直径:約82mm×高さ:約95mm
【転写可能サイズ】180mm×85mm
【材質】陶磁器

マグカップ商品の中で、一番人気の定番サイズのマグカップです。

 

◆マグカップ 6oz HG 【48個入/箱】

 

【販売価格】¥8,640(税抜)/@¥180
【サイズ】直径:約72mm×高さ:約70mm
【転写可能サイズ】170mm×70mm
【材質】陶磁器

11ozに比べ、かわいらしい小さなサイズのマグカップです。

 

◆湯のみ HG S-type 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥6,480(税抜)/@¥180
【サイズ】直径:約72mm×高さ:約100mm
【転写可能サイズ】180mm×85mm
【材質】陶磁器

ぼってりとした形状ではなく、スリムサイズの湯のみです。

 

◆スタックマグ HG 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥6,480(税抜)/@¥180
【サイズ】直径:約77mm×高さ:約87mm
【転写可能サイズ】170mm×75mm
【材質】陶磁器

11ozより少し小ぶりな、積み重ねが可能なマグカップです。

 

◆ステンレスマグ HG 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥17,280(税抜)/@¥480
【サイズ】直径:約82mm×高さ:約95mm
【転写可能サイズ】180mm×85mm
【材質】ステンレス

ステンレス素材でできた、11ozサイズのマグカップです。

 

◆マグカップ 11oz用無地箱 【18枚/組】

 

【販売価格】¥684(税抜)/@¥38
【サイズ】115mm×82mm×高さ:100mm
【材質】紙

11ozサイズ用の白色無地箱です。底ロック式(地獄底)で組み立ても簡単。

 

◆湯のみ S-type用無地箱 【18枚/組】

 

【販売価格】¥684(税抜)/@¥38
【サイズ】74mm×74mm×高さ:108mm
【材質】紙

湯のみ S-type用の白色無地箱です。底ロック式(地獄底)で組み立ても簡単。

 

 

昇華転写用マグカップ商品にご興味のある方は、ぜひ(株)サンリュウへお問い合わせください。

 

マグカップ転写で、オリジナルマグカップやOEM制作など用に。

マグプレス機 BLUE-1 もあります。

 

昇華転写用ガラス商品のご紹介

昇華転写用ガラス商品のご紹介です。

(株)サンリュウでは、昇華転写用ガラス商品を新たにラインアップしました。

 

◆ガラスフレーム(ルーメン)小【縦型・横型】

【販売価格】@¥850(税抜)
【サイズ】縦型:127mm×178mm/横型:178mm×127mm
【転写可能サイズ】127mm×178mm/178mm×127mm
【材質】強化ガラス

強化ガラスを採用したフォトフレームです。縦置きタイプと横置きタイプの2種。


転写例です。発色が良く、つややかな高級感のあるイメージに仕上がります。

 

◆ガラスフレーム(ルーメン)大【縦型・横型】

【販売価格】@¥1,150(税抜)
【サイズ】縦型:203mm×254mm/横型:254mm×203㎜
【転写可能サイズ】203mm×254mm/254mm×203㎜
【材質】強化ガラス

強化ガラスを採用した大きいサイズのフォトフレームです。縦置きタイプと横置きタイプの2種。

 

◆ガラスコースター角型

【販売価格】@¥240(税抜)
【サイズ】縦:100mm×横:100mm×厚み:4mm
【転写可能サイズ】100mm×100mm
【材質】ガラス

ガラス素材の角型コースターです。ガラスタイルとしてもご使用いただけます。

 

◆ガラスコースター丸型

【販売価格】@¥240(税抜)
【サイズ】直径:100mm×厚み:4mm
【転写可能サイズ】直径:100mm
【材質】ガラス

ガラス素材の丸型コースターです。

 

上記の昇華転写用ガラス商品にご興味のある方は、ぜひ(株)サンリュウへお問い合わせください。

 

EPSON PX-6250S/PX6550用
転写紙巻き取り装置TU-420

 

EPSON PX-6250S/PX-6550用、転写紙巻き取り装置 TU-420のご紹介です。

 

 

 

 

 

ー製品情報ー
◆有効幅:420mm
◆紙管:2インチ 、または3インチ
◆消費電力:150W AC100V
◆機械サイズ:680mm(W)×230mm(H)×900mm(D)
◆保証期間:納入後半年間

 

EPSON PX-6250S/PX-6550用の2インチと3インチ紙管に対応した巻き取り装置です。

※別途、お客様にEPSON純正の紙管を取り付ける「ロール紙スピンドル」をご用意いただく必要がございます。純正ロール紙スピンドル型番:PX60RPSD、またはPXH17RSPD(いずれも内径約50m/約76mmロール紙兼用)

【巻き取り装置の導入ポイント】
・長尺物を印刷する際の印刷面の保護
・Roll to Rollで巻き取るので後工程の作業効率性のUP
・ヒーターなどの熱源がないので、安全な夜間運転が可能

 

今までPXプリンタを使用して長尺の連続印刷を行う場合には、印刷後の転写紙をそのまま床に垂れ流していました。
そのため、転写紙が汚れたり、夜間に連続印刷を行う場合に上手く床に垂れず、つっぱって転写紙が浮いてしまい、プリントヘッドに当たって印刷エラーが起き、朝出社して確認すると印刷が止まっている!という問題が多いようです。

上記のような問題解決のために、この巻き取り装置はPXプリンタで長尺の連続印刷に適した製品となります。

 

EPSON SC-P6050プリンタ用昇華印刷システム

こだわりに応える高画質を高速印刷で実現!
EPSON SC-P6050プリンタ用昇華印刷システムのご紹介です。

 

株式会社サンリュウでは、A2機のPX6550やPX-H6000に代わる新しい昇華転写用プリンタとして、A1機のEPSON SC-P6050を検討中です。

検討理由として、価格はA2 機とあまり差がなく、サードパーティも準備しやすいためです。

社内確認はすでに終了し、正式スタート前のテスト運用を2018年1月より開始いたします。
お取引先数社にご協力いただき、1カ月~1カ月半程度の実用試験を行い、問題が発生しなければ2018 年2月頃正式スタートとなります。

プリンタはお客様に直接WEB等でご購入いただき、弊社からは、インク補充システムやICチップ、インク等の消耗資材やRIP等をご購入いただけます。

弊社システムのポイントは3つ!
1)補充システムは700ml の大容量なので、小まめなインク補充の手間がかからない
2)使い捨てチップを採用することで、リセット失敗による無駄なコスト削減が可能
3)ErgoSoftのRIPを活用することで、蛍光インクやライト系のインクも使用することができ、多彩な表現や高品質の印刷が可能

■商品情報
※350ml使用可能な使い切りICチップを、700mlの補充カートリッジにセットして使用します。

●SC-P6050用補充カートリッジ 700ml 使い切りICチップ(350ml)付 1色
弊社HANAE-PX-Hインクユーザー 特別価格 ¥2,700(税抜)/個
一般販売価格 ¥3,600(税抜)/個

●SC-P6050用補充カートリッジ 700ml 1色
弊社HANAE-PX-Hインクユーザー 特別価格 ¥2,100(税抜)/個
一般販売価格 ¥2,800(税抜)/個

●SC-P6050用使い切りICチップ(350ml)1色
弊社HANAE-PX-Hインクユーザー 特別価格  ¥900(税抜)/個
一般販売価格 ¥1,200(税抜)/個

■プリンタスペック

【インク構成】8 色・9 スロット C,M,Y,K×2,LC,LM,LK,LLK
【用紙】ロール紙 245mm ~ 610mm
【印刷速度】720×720dpi 双方向印刷ON:約3.6 分
【本体サイズ】W)1356mm×D)667mm× H)1218mm

上記のEPSON SC-P6050を使用して、弊社の蛍光インク(ピンク・イエロー)で昇華転写してみました!

まずは、マグカップ。
蛍光ピンクと蛍光イエローが際立ちます。

 

そして、ポリエステルのメッシュTシャツ。
ポリTシャツでも蛍光インクがしっかりと表現されています。

 

蛍光インクを使用した昇華転写にもご興味のある方は、ぜひ株式会社サンリュウまでお問い合わせください。

モンティ熱転写機M-856

[mod 856] ロール / カットピース兼用の中型輪転機

M-853のエントリー機。スポーツウエア用に開発された機種。

m856std01(画像はクリックで拡大されます)

Model856の挿入システムは、伝統的なマニュアルブレーキからM-120シリーズのような「高強度シャフト」スプリングシステムになりました。これにより、コントロールしやすくなり作業性が向上しました。

M-856シリーズは、M-853に興味はあるものの価格がネックだというお客様向けに設計されました。幅、ヒータードラム、技術デザイン、基本構造などはM-853シリーズと同一で、テーブルと排出側機構を簡素化したモデルです。さらに詳細な情報は、お問い合わせください

m856glasstable01ガラスパネルタイプにもできます

モンティのコンパクト機を紹介

montilogo2Monti Antonio社のコンパクトな熱転写機システムのご紹介

120sMod.120 シリーズ

75cfesMod.75  シリーズ

イタリアのMonti Antonio(モンティアントニオ)は、50年にわたり小型から超大型まで転写機を製造販売しているトップメーカーで、世界70 カ国で1万人以上の顧客に販売実績があります。

今まで大型の転写機がメインでしたが、日本の市場に合わせたコンパクトな機械で購入しやすい価格のモデルをラインナップしました。これから昇華転写を始めるユーザに適した機種です。また、今までアジア製の廉価版を使用されていたユーザにも適しています。1ランク上の転写品質が得られます。

monti_m120Mod.120の機械サイズは2105(幅)x1045(奥)x1400(高)とコンパクトな仕様で、最大転写幅は1150㎜です。熱ドラムは世界特許のオイルヒータが採用されており、フェルトはデュポン製の高価な「NOMEX」フェルトを装備しています。オイルヒータの採用で温度誤差が±1℃になり、さらにNOMEXフェルトの使用で最高の転写品質が得られます。

転写紙と下紙は強力なテンションを加えながら送る機構になっているため、下紙のシワによる転写不良や、転写紙や下紙の蛇行による不良がほぼ発生せず転写できます。

操作もタッチパネル方式を採用し、オペレータの作業性を向上しました。週間タイマー機能もあり、自動で機械の電源ON/OFFが可能なので、温度上昇を待つ無駄な時間が無くなります。

monti_profilo_1Monti Antonio(モンティアントニオ)の転写機を販売し、10年以上の実績になりました。故障時のメンテナンスの蓄積や消耗パーツの在庫もあるので、機械がストップする時間を最小限にできます。フェルト交換やベアリング交換などの大きな工事も専用冶具を作り弊社で全て対応しています。故障頻度の低い転写機ですので、ユーザ視点に立ち、スポット修理で対応しています。

昇華転写は機械だけでなく、RIP、インク、転写紙、プリンタのトータルサポートが必要です。弊社では、全てを組み合わせ、最高品質をご提供しております。

 

関連ページ: モンティ熱転写機 全ラインアップ