作成者別アーカイブ: sanryu co ltd

旧バージョン RIPサポート終了のお知らせ

日頃より、弊社製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

さて、弊社より販売しておりましたErgosoft社RIPの一部製品(以下、旧バージョン)のサポート終了についてご案内申し上げます。

旧バージョンはすでにメーカーでの販売・サポートを終了しておりますが、弊社ではこれまで、できる限りサポートを続けてまいりました。
しかしながらサポートにかかるコストも増大し、今後も対応を継続していくことが困難な状況であるとの判断から、誠に勝手ながらサポートを終了させていただきます。
長年ご利用のお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

現在、弊社では最新バージョンのv15を販売しております。サポート終了期日までにv15へのバージョンアップもご検討ください。
今後もサービス向上のため鋭意努力して参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。

1.サポート終了対象製品(Ergosoft社 RIP)
製品バージョン: v6, v7, v8, v9, v10, v11, v12, v2008

※v14につきましても、メーカーでの販売・サポートを終了しております。
今回の対象には含まれませんが、同様にv15へのバージョンアップをご検討ください。

2.サポート終了期日 2018年09月30日

3.後継製品について
最新OS(Win10)に正式対応し、機能面も使い勝手も向上した最新版へのバージョンアップをご検討いただければ幸いです。
Ergosoft RIP v15 http://www.sanryu.com/rip.html

4.お問い合わせ・連絡先
本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

担 当:
メール:
電話:048-446-6786
FAX:048-446-6761

旧バージョンRIPソフトサポート終了案内.pdf

===============================
2018-03-29追記
===============================
バージョンアップ価格について
正確な価格はお見積もり依頼を頂くようお願いいたします。
参考例
・Version 14 SE から Version 15 Essential  77,000円
・Version 14 FULL から Version 15 Production  140,000円
※その他、諸費用が必要になることがあります。

Version15からライセンス体系が変更されました。
プリンタ毎に「License Name」と「Level」が決められています。
Version15にバージョンアップ後、Version15で使用しているプリンタAを、別のLicense Nameの
プリンタBに切り替える場合、プリンタB(別のLicense Name)の対応したLevelのドライバーを
新規購入する必要がございます。
※プリンタの故障や老朽化、メーカーの販売終了など理由は問わず、新規購入が必要です。
※Version14では、License NameやLevelは無く、カテゴリだけでした。
※Version14 FULL版等では、同じカテゴリに属するプリンタは使用可能でしたが、Version15から
は、別のLicense Nameのプリンタは使用できないということです。

転写紙巻き取り装置_TU-420 評価用貸出機のご案内

今年初め(2018.1月)に紹介した「EPSON PX-6250S/PX-6550用転写紙巻き取り装置_TU-420」が、お客様より使いやすいと大好評!

購入を検討したいが、実際につかってみないと……というお客様用に、評価用貸出機を準備いたしました。

ご自分の手で、TU-420の性能を確認してみてください。

また、評価の中でご要望に合わない仕様上の問題などがございましたら、お気軽にご相談ください。
できる範囲内で対応させていただきたく思います。

なお、当社は正確なやり取りと迅速さを大事にしております。
商社様や同業者様のお申し込みはご遠慮ください。

昇華転写用マグカップ商品のご紹介

昇華転写用マグカップ商品のご紹介です。

(株)サンリュウの昇華転写用商品の定番となっております、マグカップ商品を改めてご紹介します。

 

なお、弊社のマグカップ商品は、お客様へなるべく安価にてご提供するために、弊社の品質判断基準を設けており、それに基づいた価格設定となっております。

その為、弊社の品質判断基準にご理解およびご了承いただいた場合のみの販売とさせていただいております。

※弊社の品質判断基準につきましては⇒こちらのPDFファイルをご参照ください。

 

◆マグカップ 11oz HG 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥5,400(税抜)/@¥150
【サイズ】直径:約82mm×高さ:約95mm
【転写可能サイズ】180mm×85mm
【材質】陶磁器

マグカップ商品の中で、一番人気の定番サイズのマグカップです。

 

◆マグカップ 6oz HG 【48個入/箱】

 

【販売価格】¥8,640(税抜)/@¥180
【サイズ】直径:約72mm×高さ:約70mm
【転写可能サイズ】170mm×70mm
【材質】陶磁器

11ozに比べ、かわいらしい小さなサイズのマグカップです。

 

◆湯のみ HG S-type 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥6,480(税抜)/@¥180
【サイズ】直径:約72mm×高さ:約100mm
【転写可能サイズ】180mm×85mm
【材質】陶磁器

ぼってりとした形状ではなく、スリムサイズの湯のみです。

 

◆スタックマグ HG 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥6,480(税抜)/@¥180
【サイズ】直径:約77mm×高さ:約87mm
【転写可能サイズ】170mm×75mm
【材質】陶磁器

11ozより少し小ぶりな、積み重ねが可能なマグカップです。

 

◆ステンレスマグ HG 【36個入/箱】

 

【販売価格】¥17,280(税抜)/@¥480
【サイズ】直径:約82mm×高さ:約95mm
【転写可能サイズ】180mm×85mm
【材質】ステンレス

ステンレス素材でできた、11ozサイズのマグカップです。

 

◆マグカップ 11oz用無地箱 【18枚/組】

 

【販売価格】¥684(税抜)/@¥38
【サイズ】115mm×82mm×高さ:100mm
【材質】紙

11ozサイズ用の白色無地箱です。底ロック式(地獄底)で組み立ても簡単。

 

◆湯のみ S-type用無地箱 【18枚/組】

 

【販売価格】¥684(税抜)/@¥38
【サイズ】74mm×74mm×高さ:108mm
【材質】紙

湯のみ S-type用の白色無地箱です。底ロック式(地獄底)で組み立ても簡単。

 

 

昇華転写用マグカップ商品にご興味のある方は、ぜひ(株)サンリュウへお問い合わせください。

 

マグカップ転写で、オリジナルマグカップやOEM制作など用に。

マグプレス機 BLUE-1 もあります。

 

昇華転写用ガラス商品のご紹介

昇華転写用ガラス商品のご紹介です。

(株)サンリュウでは、昇華転写用ガラス商品を新たにラインアップしました。

 

◆ガラスフレーム(ルーメン)小【縦型・横型】

【販売価格】@¥850(税抜)
【サイズ】縦型:127mm×178mm/横型:178mm×127mm
【転写可能サイズ】127mm×178mm/178mm×127mm
【材質】強化ガラス

強化ガラスを採用したフォトフレームです。縦置きタイプと横置きタイプの2種。


転写例です。発色が良く、つややかな高級感のあるイメージに仕上がります。

 

◆ガラスフレーム(ルーメン)大【縦型・横型】

【販売価格】@¥1,150(税抜)
【サイズ】縦型:203mm×254mm/横型:254mm×203㎜
【転写可能サイズ】203mm×254mm/254mm×203㎜
【材質】強化ガラス

強化ガラスを採用した大きいサイズのフォトフレームです。縦置きタイプと横置きタイプの2種。

 

◆ガラスコースター角型

【販売価格】@¥240(税抜)
【サイズ】縦:100mm×横:100mm×厚み:4mm
【転写可能サイズ】100mm×100mm
【材質】ガラス

ガラス素材の角型コースターです。ガラスタイルとしてもご使用いただけます。

 

◆ガラスコースター丸型

【販売価格】@¥240(税抜)
【サイズ】直径:100mm×厚み:4mm
【転写可能サイズ】直径:100mm
【材質】ガラス

ガラス素材の丸型コースターです。

 

上記の昇華転写用ガラス商品にご興味のある方は、ぜひ(株)サンリュウへお問い合わせください。

 

シンプリ・システムの紹介

シンプリ(SimPri=Simple Print) 転写印刷システムのご紹介

株式会社サンリュウ

デジタル印刷非加熱転写システム シンプリ・システム (SimPri Transfer Print System)の紹介と解説記事です。

 

■シンプリシステムの転写原理

シンプリシステムは、転写シート上に形成された顔料画像層と接着層から成る二層を、被転写物へ転移して固着させる転写印刷システムです。

顔料画像層は、レーザープリンタや、インクジェットプリンタなどのデジタル手法だけでなく、スクリーン印刷などの従来方式、あるいは手描きなどでも形成出来ます。接着層は、インクジェットプリンタを用いて、接着剤インクを画像層の上に形成します。

シンプリシステム画像形成用レーザープリンタ

  (※システムの一例です)

 

転写シートとしては、陶磁器への無機顔料画像転写などに用いられてきたデカルペーパー(水転写紙)、水圧転写フィルム、ポリプロピレンやポリエチレンなどの非接着性の柔軟性フィルム、転写箔フィルムなどを用いることが出来ます。

画像層の上で未乾燥な接着剤インクは、粘着性を持っています。画像をキャリアシートから分離させられれば、被転写物側への転移は容易です。転写シートとして水溶性樹脂層を表面に持つシートを採用した場合なら、水分付与によって画像転写が可能になります。

 

 

転写作業は、転写機を用いての自動化、高速化をすることが出来ます。転写時の加熱や真空引きを必ず必要とはしないので、転写機等の設備を導入せず、手作業で転写を行うことも出来ます。

シンプリシステムを使った立体物への転写装置

 

■シンプリシステムの特徴

1)非加熱転写が可能
昇華インク画像の転写ではないので、染料がガス化するほどの高温をかける必要はありません。トナー画像層の直接転写ではないので、ホットメルト樹脂が溶けるほどの高温をかける必要もありません。

転写サイクルタイムを短縮するために低温で温める手法は有効ですが、室温での非加熱転写も可能です。耐熱性の低い素材への転写が可能です。但し、画像の被転写物への接着強度を高める目的の、後工程として比較的低温での加熱硬化処理は有効です。

 

2)立体物への転写も可能
転写シートとして柔軟性あるフィルムを採用して転写機で真空引きを行えば、平面への転写だけでなく、三次曲面を有する立体物への非加熱転写も可能です。

水圧転写のように転写シートを溶解させないので、画像変形の抑制と印刷位置制御が容易です。シンプリシステムは、昇華転写のように対象素材を限定しません。

 

UVプリンタでは困難なボトルネック部にシンプリシステムで転写

ワインボトルのボトルネック部分への転写例

 

3)幅広い素材に利用出来る
転写後の画像は、接着層を介して被転写物に固着します。接着層は有機物と無機物の両方に親和性を持つハイブリッド樹脂層から成るので、紙、木材、樹脂、金属、ガラス、陶磁器、ゴムなどの幅広い素材に強く接着します。

高温にしないので、耐熱性の低い素材にも転写出来ます。圧力をかけない転写手法も採れるので、加圧に対して脆弱なパッケージや発泡材への転写も出来ます。

 

紙箱と内容物の統括デザインも、シンプリシステムなら容易

化粧箱段ボールとマグカップへ同じデザインを使用

こちら(中央)は、↑ マグカップが化粧箱に入った状態

 

4)顔料画像の高い耐光性が得られる
顔料画像の耐光性が得られるので、自動車部品などの耐久商品への加飾に道を開きます。接着層は有機・無機ハイブリッド材から成るので、屋外でも長期の接着力を維持します。建材加飾も道が開かれます。

有機顔料でなく無機顔料画像を転写すれば、焼成しなくても、屋外5~10年以上の耐光性を期待できます。

セラミックタイルへの施工例

シンプリシステムで、幅木タイル側面空白にも画像を追加

 

5)金属光沢の箔層や、粉体の転写も出来る
転写用箔フィルムに接着剤層を形成すれば、刻印版を作製しなくても箔層の転写が可能です。インクやトナーでは表現の出来ない金属光沢層が転写されます。

画像を焼成して固着させるガラスや陶磁器への転写であれば、接着剤インクに粉体を振り掛けて転写することも出来ます。金粉や特殊無機顔料粉から成るマーキングが出来ます。

 

背景の波デザインを金属箔で形成した例

  陶磁器タイルで鯉と波イラストにシンプリシステム使用

 

■従来手法との比較
シンプリ転写を、各転写手法と比較して表にしました。非加熱での顔料画像転写は水圧転写とシンプリシステムしかありません。転写位置を制御できる条件まで加えると、シンプリシステム以外はありません。

 

手法 〵 比較点 デジタルか? 3D印刷は? 位置出精度 耐光性 非加熱か?
スクリーン印刷 × ×
パッド印刷 ×
トナー転写 × ×
昇華転写 × ×
水圧転写 ×
シンプリ転写
インモールド転写 ×
TOM 真空転写 ×

 

以上

 

 

*無断複製を禁ずる。

 

 

EPSON PX-6250S/PX6550用
転写紙巻き取り装置TU-420

 

EPSON PX-6250S/PX-6550用、転写紙巻き取り装置 TU-420のご紹介です。

 

 

 

 

 

ー製品情報ー
◆有効幅:420mm
◆紙管:2インチ 、または3インチ
◆消費電力:150W AC100V
◆機械サイズ:680mm(W)×230mm(H)×900mm(D)
◆保証期間:納入後半年間

 

EPSON PX-6250S/PX-6550用の2インチと3インチ紙管に対応した巻き取り装置です。

※別途、お客様にEPSON純正の紙管を取り付ける「ロール紙スピンドル」をご用意いただく必要がございます。純正ロール紙スピンドル型番:PX60RPSD、またはPXH17RSPD(いずれも内径約50m/約76mmロール紙兼用)

【巻き取り装置の導入ポイント】
・長尺物を印刷する際の印刷面の保護
・Roll to Rollで巻き取るので後工程の作業効率性のUP
・ヒーターなどの熱源がないので、安全な夜間運転が可能

 

今までPXプリンタを使用して長尺の連続印刷を行う場合には、印刷後の転写紙をそのまま床に垂れ流していました。
そのため、転写紙が汚れたり、夜間に連続印刷を行う場合に上手く床に垂れず、つっぱって転写紙が浮いてしまい、プリントヘッドに当たって印刷エラーが起き、朝出社して確認すると印刷が止まっている!という問題が多いようです。

上記のような問題解決のために、この巻き取り装置はPXプリンタで長尺の連続印刷に適した製品となります。

 

Windows Update後 Ergosoft RIP が起動しないお客様へ

Windows Update後に、プリントクライアントが見つからないというエラーで、ErgoSoft RIPが起動しない事態が発生することがあります。

Ver.15に関しては、ErgoSoftからHotfixがリリースされました。
通常のお客様は方法1のHotfixのインストールでご対応ください。

Ver.14のお客様、バージョンに関わらず開発版を利用している場合など特別な場合は方法2でご対応ください。

ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

▼方法1:Hotfixのインストール

この手順に従って、インストールしてください。
手順の前半に記載されているバックアップ作業は必ず実施してください。
事前にバックアップをしなかった場合の復旧調査、および復旧作業は、有償とさせていただきます。

▼方法2:windowsupdateの更新プログラムをアンインストール

こちらなどを参考に、更新プログラムをアンインストールしてください。

その後、こちらなどを参考に、WindowsUpdateの自動更新をOFFにしてください。
※自動更新が有効になっていると、次回更新時にアンインストールした更新プログラムが再インストールされることがあります。

※HotFixなど対応済みのバージョンに更新(再インストール)した場合、自動更新はONに戻すことをご検討ください。
ONに戻す方法は、こちらに記載されています。

対象となる更新プログラムは、KB4056892です。
別の名称として次の場合があります。
KB4056888, KB4056890, KB4056891, KB4056893, KB4056895, KB4056896, KB4056898, KB4056899

 

EPSON SC-P6050プリンタ用昇華印刷システム

こだわりに応える高画質を高速印刷で実現!
EPSON SC-P6050プリンタ用昇華印刷システムのご紹介です。

 

株式会社サンリュウでは、A2機のPX6550やPX-H6000に代わる新しい昇華転写用プリンタとして、A1機のEPSON SC-P6050を検討中です。

検討理由として、価格はA2 機とあまり差がなく、サードパーティも準備しやすいためです。

社内確認はすでに終了し、正式スタート前のテスト運用を2018年1月より開始いたします。
お取引先数社にご協力いただき、1カ月~1カ月半程度の実用試験を行い、問題が発生しなければ2018 年2月頃正式スタートとなります。

プリンタはお客様に直接WEB等でご購入いただき、弊社からは、インク補充システムやICチップ、インク等の消耗資材やRIP等をご購入いただけます。

弊社システムのポイントは3つ!
1)補充システムは700ml の大容量なので、小まめなインク補充の手間がかからない
2)使い捨てチップを採用することで、リセット失敗による無駄なコスト削減が可能
3)ErgoSoftのRIPを活用することで、蛍光インクやライト系のインクも使用することができ、多彩な表現や高品質の印刷が可能

■商品情報
※350ml使用可能な使い切りICチップを、700mlの補充カートリッジにセットして使用します。

●SC-P6050用補充カートリッジ 700ml 使い切りICチップ(350ml)付 1色
弊社HANAE-PX-Hインクユーザー 特別価格 ¥2,700(税抜)/個
一般販売価格 ¥3,600(税抜)/個

●SC-P6050用補充カートリッジ 700ml 1色
弊社HANAE-PX-Hインクユーザー 特別価格 ¥2,100(税抜)/個
一般販売価格 ¥2,800(税抜)/個

●SC-P6050用使い切りICチップ(350ml)1色
弊社HANAE-PX-Hインクユーザー 特別価格  ¥900(税抜)/個
一般販売価格 ¥1,200(税抜)/個

■プリンタスペック

【インク構成】8 色・9 スロット C,M,Y,K×2,LC,LM,LK,LLK
【用紙】ロール紙 245mm ~ 610mm
【印刷速度】720×720dpi 双方向印刷ON:約3.6 分
【本体サイズ】W)1356mm×D)667mm× H)1218mm

上記のEPSON SC-P6050を使用して、弊社の蛍光インク(ピンク・イエロー)で昇華転写してみました!

まずは、マグカップ。
蛍光ピンクと蛍光イエローが際立ちます。

 

そして、ポリエステルのメッシュTシャツ。
ポリTシャツでも蛍光インクがしっかりと表現されています。

 

蛍光インクを使用した昇華転写にもご興味のある方は、ぜひ株式会社サンリュウまでお問い合わせください。

ErgoSoft社パートナーロゴ付き宣誓書

ErgoSoft社RIPの輸入販売を20年以上にわたって継続
ErgoSoft社パートナーロゴ付き宣誓書

当社は、スイスのErgoSoft社ソフトRIPの輸入販売を20年以上にわたって継続しています。看板業界はもとより、その高いカラーマネジメント機能が評価され、現在では繊維印刷業界での最も知られた高性能RIPとしてその利用が拡大しています。当初は他社のRIPを標準搭載していた日本の各メーカーもこぞってErgoSoft社RIPの簡易版を各種プリンターに標準搭載するようになってきました。当社としましても、誇らしい限りです。

当社は顧客への直接販売だけでなく、販売店や、ErgoSoft社RIPをOEM販売するプリンタメーカー様にも商品を卸しています。このような取引様から、「ErgoSoft社の正規輸入業者であることを示せ」というご依頼もあり、添付のような ErgoSoft社がパートナーとして認める相手に使用を許可するロゴ入りの宣誓書を掲示することにしました。

私どもは、お客様の様々なご要望に応じて、出向してのプロファイル作成をお受けしています。RIPの持つ機能を最大限に発揮させる技術サービス力を磨いています。ご使用中のお客様だけでなく、新規導入をご検討のお客様も、お困りの課題などありましたら、ご遠慮なく当社にお声をかけて頂きますようお願い申し上げます。

 

JETNEWS非加熱転写シンプリシステム特集

JETNEWS2017年春号 SimPri Transfer Print System 特集版

新しい印刷方法 「非加熱転写 シンプリ・システム」  硬いものから柔らかいものまで! 表からでも裏からでも! 平面から曲面まで!

(画像はクリックで拡大されます)

世界特許申請中! 国内特許登録済みの新しい印刷方法「シンプリ・システム」

シンプリ・システム (SimPriSystem) は、株式会社サンリュウが強みとする技術開発力をもとに生み出した、新しい転写システムです。当社が開発した特殊な接着剤インクをインクジェットプリンタで印刷できるようにしました。

 

シンプリ・システム 6つの特徴
1.非加熱転写
2.受理層コーティングが不要
3.広範囲な素材に対応
4.軽圧転写
5.既存の固定物への現場加工が可能
6.3D加飾もできる

 

1.非加熱転写
転写に熱を加えずに転写ができることがシンプリ・システムでもっとも大きな特徴です。この非加熱転写特性によって、印刷の可能性はさらに広がることと思います。専用熱転写機がなくても、転写が可能です。熱が要らないので、中身の入ったワインボトルや熱に弱い発泡スチロールなどにも有効な印刷方法です。

プラスチックケースやビニール製ポーチへ非加熱転写

 

2.受理層コーティングが不要
接着剤インクが広範囲の素材に付くことから、転写対象物には、昇華転写に必要な表面コート層が要らなくなります。マグカップの取っ手や底面部分など転写する場所も選びません。町のお店で購入する好きな形のカップやグラスなどを選べますし、好きな柄を付けて自分だけのオリジナルアイテムが作れるようになります。

カップ&ソーサー (陶器)へ、受理層コーティング無しで

 

3.広範囲な素材に対応
転写は、各種樹脂・ガラス・金属・皮革・木・紙・陶器などの硬質素材。ゴム・不織布・ウレタンなどの柔軟性素材まで可能です。

様々な素材に転写可能

4.軽圧転写
転写に高圧力は必要ありません。
シンプリ・システム専用の水転写紙へ顔料系プリンタ(トナープリンタ/顔料インクジェットプリンタ)で画像を印刷し、さらにその上に接着剤インクを印刷します。接着剤インク印刷後、転写紙を指などで対象物へ軽く押し付け、水で湿らせて剥がせば転写は完了です。自然放置でも十分な強度を得ることができますが、さらに強い強度を持たせたいときはオーブンで焼くとひっかきにも耐えるようになります(※100℃程度の耐熱性は必要)。

ミニタイル、紙箱へ軽圧で非加熱転写

5.既存の固定物への現場加工が可能
顔料画像なので表面の耐光性が期待でき、非加熱で転写機も不要な手法のため、既存の固定物に対してもシンプリ・システムは有効です。例えば、建材などでは10年以上の長期耐久性も求められますが、高耐光性の無機顔料画像を使用すれば、この用途にも適います。傷がついた建築物の外壁の一部を直したいときなど、近くの壁をモバイルスキャナーでスキャニングして印刷した画像で転写修復ができます。元々ある壁材柄の画像を使用していますから、施工前後も差が目立たなくなります。

現場で、コンクリートブロックへ直接施工

 

 

6.3D加飾もできる
手作業では難しい複雑な形や立体物にも転写はできるのか? そんな疑問も出てくると思います。サンリュウでは、多品種少量と複雑な3D形状への追従を実現するための顔料3D転写システムを開発しています。顔料3D転写用フィルムへ印刷し、その後転写機にセットして真空転写を行います。通常のシンプリ転写と同じで、加熱は要りません。サイクルも数分で完了しますし、従来手法である水転写と異なり位置合わせができます。

SimPri System

スマートフォンケースへ

 

 

 

趣味のハンドメイドから、工業用途まで幅広く活用できます。シンプリ・システムは、少額の設備投資で始められます。未確認の対象形状や対象素材がありますので、印刷方法に迷ったら、一度ご相談ください。弊社の「シンプリ・システム」がお役に立てるかもしれません。

 

 

シンプリ転写紙にデザインを印刷してタイルに転写してみましょう

1. シンプリ転写紙にレーザープリンタなどで画像を印刷する。

例えば、透明な素材に内側から転写をして、反対側から見たい場合は正像で、転写した側から見たい場合は鏡像で印刷をします。デザインが淡い色の場合、または対象物に色がついている場合は、白トナーを使用した印刷の方が綺麗です。

2. 接着剤インクを画像の上に印刷する。

印刷した画像より若干大きくしたベタデザインを作り、弊社で開発した接着剤インクを、専用のインクジェットプリンタを使って印刷します。印刷したデザインに接着剤インクがずれて印刷されないように位置合わせに注意してください。

 

3. 転写紙と対象物を位置合わせする。

対象物のサイズに合わせてシンプリ転写紙をカットします。印刷画像が薄い色の場合、転写紙の裏側から見えづらく、位置合わせが難しい場合は、デザイン印刷時にトンボも含めて印刷し、正確なカッティングをして位置を合わせます。

 

 

4. 霧吹きで水を吹きかける。

霧吹きで全体に水を吹きかけたら、柔らかいスポンジで空気を抜くようにゆっくり押さえていきます。終わったら、再度霧吹きで水を吹きかけます。シンプリ転写紙が剥離しやすくなります。

 

5. シンプリ転写紙をゆっくり除去する。

ゆっくりとシンプリ転写紙をスライドさせるようにして剥がします。デザイン位置は事前に合わせていないと、この段階ではデザインの位置調整ができません。

 

6. 完成

シンプリ転写紙を剥がした後、まだ表面はぬるぬるした状態です。デザイン画像はほぼ固定されているので、再度霧吹きで少量の水を吹きかけます。その後、時間を空けずに柔らかい布を使って表面のぬるぬるをやさしく拭き取ってください。