月別アーカイブ: 2018年10月

KIIAN DIGITALインク取扱開始

■新ブランド KIIAN DIGITALインク 発売の経緯

自社開発のインクジェット用昇華インクを、輸出することも考慮して、「華恵(HANAE)」と日本名を付けて発売したのが22年以上前になりました。

HANAEブランドインクはご好評を得て、バージョンアップを続けながら現在も販売を継続しています。

一方で、世界の開発力も新たな商品を生み出しています。そのような先端技術による特徴ある商品の中から、当社は今回、イタリアのKIIAN DIGITAL昇華インクの取り扱いを開始することにしました。

これから、このインクについてのご紹介をして行きます。ご質問などありましたら、当社までご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

■今後のインク価格政策

HANAEブランド昇華インク価格は2018年10月現在でも業界最安値レベルに設定されていますが、来年にかけて大幅な値下げを実行する考えです。

KIIAN DIGITAL昇華インクの価格は、その一割程度高い水準に設定します。成長著しいアパレル業界と比較し、布素材へ印刷するサイン業界はプリンタ需要が満たされ成熟化しています。

当社は、成熟化の進んだ業界でも生き残れるだけでなく、むしろ皆様が市場シェアを拡大できるよう、品質面だけでなく、コスト面でも貢献させていただこうという戦略を採ります。

 

■価格一割高の理由
次は、KIIAN DIGITALインクがHANAEブランドインクより一割程度高い理由です。KIIAN DIGITALインクは、高濃度昇華転写インクです。

HANAEブランドインクもその深い黒色濃度に対して「他社に無い黒色だ」と、高いご評価を得て来ました。KIIAN DIGITALインクは、CMYKすべての色が高い濃度を持っています。

含有色素量が違うのでインクの原価が高くなるのは避けられません。色素分散技術は高いレベルが求められ、品質管理は大変になります。この差を一割程度の範囲に抑えることは容易ではないとご理解頂ければ幸いです。

 

次回情報では、KIIAN DIGITALインクのもたらすメリット・デメリットについて解説予定です。