昇華転写用「下紙(アンダーペーパー)」のご紹介

当社販売の昇華転写用下紙アンダーペーパー) のご紹介です。

下紙は昇華転写に使用されます
monti転写機での使用例

 

この商品は下紙やアンダーペーパーと呼ばれ、昇華転写時のフェルト汚染防止等に使われています。ガスバリア性が低いと昇華ガスが貫通しフェルトを汚してしまいます。

当社の下紙は、昇華転写用に開発された専用紙のためガスバリア性が高い特長を持つ下紙になっており、フェルト汚染を最小限に抑えられます。

また、非常に薄いですが、輪転機によるシワ防止の高いテンションでも破れることなく使用できます。

さらに、800~1000m巻き前後までのロングロールにする事が可能となり、交換頻度が少なくなり、オペレーターの負担軽減にもなります。


【下紙の商品ラインアップ】
◆1150㎜幅 x 1000m 税込¥25,300(税抜¥23,000) ※税抜平方m (¥20/m)

◆2030㎜幅 x 1051m  税込¥46,937(税抜¥42,670) ※税抜平方m (¥20/m)

◆1370㎜幅、1520㎜幅、1650㎜幅、1730㎜幅、1930㎜幅 もご用意できます(お問い合わせください)。

ガスバリア性が高い下紙(アンダーペーパー)です。紙厚18gの薄いものから40gまでを標準化。幅は、3.2mまでご用意できます。しわ、色むらなどに有効な紙も。

 

カラーコピー転写と違い、転写対象素材が代わっても1種類の転写紙で転写可能! →同じ転写紙で、タイルやマウスパッド、鉄板に転写したりできるわけです。※それぞれ転写用のコーティングがされている必要があります。カラーコピー転写の場合は 転写対象を変えると対応した種類の転写紙を使う必要があります。


昇華転写では、しわ、転写色むら、ゴースト(だぶり)などの問題が出ることがあります。これらの問題には、布素材や転写機の影響はもちろん大きいのですが、使用している転写紙や下紙に原因があることも少なくありません。これらの問題にお困りのお客様には、総合的なコンサルティングサービスをご提供しています。お気軽にご相談ください。

 

ご希望の方には、現状お使いの下紙をお送りいただければ、当社で比較テストをし、フィードバックも行います。

ご興味ございましたら、評価用サンプルをご用意いたしますのでお気軽にご連絡ください。