月別アーカイブ: 2019年2月

KIIANインクの採用メリット(4)

前回(KIIANインクの採用メリット(3))に引き続き、今回もKIIAN DIGITALインクのメリットについて解説します。

KIIAN DIGITALインクの採用メリット(4)
株式会社サンリュウ

 

■転写紙波打ち減少

濃色ベタ印刷で悩む問題に転写紙の波うち(コックリング)問題があります。インク量を沢山必要とする濃色ベタ部には沢山の水分が存在します。この水分が浸透すれば、プリンターで印刷中に転写紙にコックリングが発生して、その上を往復するプリントヘッドに当たることがあります。

当社はこの問題の解決策としてハイブリッド構造の厚手速乾転写紙を用意しています。紙の中央に樹脂層を設け、水分を吸ってもコックリングを発生し難い構造の転写紙です。他社に無い優れた転写紙で、これ以外の転写紙は使わないお客様もいらっしゃいます。しかし一部には、価格が高いと使用をためらうお客様もいらっしゃいます。これから当社は、コックリング対策として、 KIIANインク採用も選択肢としてお勧めして行きます。転写紙に付着する水分量が減るので、コックリング対策になります。

近年、プリンターの印刷速度は飛躍的に早まっています。このため、前に記したKIIAN インクの採用メリット、転写紙上で乾燥が早いという価値が高まっています。ジャンボロール搭載の高速プリンターの場合は、ロール外径と重量が問題になって来るので、薄い紙でもコックリング問題が起き難い、転写紙波打ち減少という本メリットも注目されることになるでしょう。

 

■転写率の悪い転写紙、インク受容性の低い転写紙使用可

いよいよ、本メリットの解説です。この問題を持つ転写紙としては、インク受理層を設けずコストダウンを計る転写紙、熱融着性を与えるためのホットメルト樹脂を表面に付着させなければならないので十分な受理層を設けられない微粘着転写紙などが代表的な例です。微粘着転写紙は、画像転写時に転写紙と布が加熱圧着するので、ボケが少ない鮮明な転写が出来る、布の伸縮が抑えられるのでゴースト不良発生が少なくなる、などの長所を持つ転写紙です。その使用を希望するお客様が多くいらっしゃいます。にもかかわらず、滲み易さ、画像の濃度不足が微粘着転写紙の普及を妨げていました。この制約を取り除くのが KIIANインクです。

分野が少し異なりますが、Tシャツへの昇華転写では、転写紙の外径の形にシャツ生地が凹む、外形線の跡が凹んで残る問題がありました。転写紙が厚いほど、この問題は大きくなります。では市場にある50g/m2程度の薄手の転写紙を使用したらどうでしょうか?

このような薄手紙の実際の紙厚は60μm超程度になるので、凹み跡を除去することは出来ません。このため当社では透明な極薄フィルムを用いた転写手法(特許申請中)を考案しました。コストを下げるため受理層を塗っていないので、やはりインク量制限が必要になるものです。ここでもKIIANインクが活躍します。KIIANインクを採用することで通常の昇華転写の品質が得られています。この転写フィルムは、転写紙跡が残らず、微粘着転写紙のように生地に貼り付くので鮮明な画質が得られ、透明なので位置出しが容易などの特長がある、当社の命名で「ピットレス転写シート」と呼ぶものです。今後、このフィルム程度まで薄くした転写紙が出現するかも知れませんが、薄くなるほど熱プラテン上昇時に浮き上がって、横にずれ落ち易くなります。ゴースト発生リスクが高まるので、当社特許品と同じ結果は期待しにくいと思われます。

転写後のTシャツ生地に残る、転写紙外形に沿った凹み跡

 

さて、通常の昇華転写紙に戻ります。市場で用いられる転写紙は、より薄く、低コスト化が進んでいます。インク受理層コートは省略される方向に進んでいます。当社では、KIIANインク採用をご検討いただくことは、時代に沿ったものと捉えています。たまたまこのインクに接する機会を与えられた当社は、皆様により強くお勧めすることがその責務と捉えています。

 

 

連載記事第一回(KIIAN DIGITALインク取扱開始)から連続記事を読む

 

社員募集 営業技術職(セールスエンジニア)

営業技術職(セールスエンジニア)

募集人員 1名
募集期間 2019. 3/31まで
年齢 18~60才
仕事内容 (1) プリンタやインクなどの印刷関連資機材の販売 (2) 市場調査 (3) 企画・マーケティング (4) コンサルティング
能力要件 役立つ経験(営業、マーケティング、画像処理、電気機械知識、パソコン操作、英語力)新卒、初心者歓迎。
人材像 やりたいことを見つけられる、あるいは作り出せるようになりたい方。サラリーマンでなく、ビジネスマンになりたい方。
当社で働く

メリット

1)希望者は海外出張も有り。海外からの来客もあり、英語力を高められる。
2)仕事範囲の制限は無く、やる気があれば経営まで覚えられる。
3)女性の仕事範囲も限定せず。
4)個人のワークスタイルも尊重。
採用ポイント 趣味、スポーツ、ゲーム、勉強、仕事などで夢中になったことがあるか?
「これなら負けない」というものがあるか?
絵を描いたり、歌を作ったり、小説を書いたり、雑誌や新聞を出したり、ゲームを作ったりなど、創作が好きか?その他
勤務時間 相談に応じます (就業規則は 9:00~18:00/お昼休み1時間、
休日 年間総休日数125日(2018年度の有給休暇を除いた休日実数)、週休2日制(土・日・祭日休み)、 年末・正月休暇5日、夏休み5日
賃金 20万円~40万円 
社保・交通費 各種社会保険完備、交通費全額支給(正社員)
退職金 勤労者退職金共済機構に積み立て(自己都合退職でも受取額は減額されません)
予定勤務地 〒334-0073 埼玉県川口市赤井1-10-7。南北線直通の埼玉高速鉄道・鳩ヶ谷駅から徒歩14分。東京や埼玉からの通勤に便利な立地です。
応募方法 メール又は郵便にて、1. 履歴書(写真貼付)及び 2. 職務経歴書、3. 応募理由(形式自由、各1~2ページにまとめる)を下記にご送付下さい。
新卒の場合は、職務経歴書の代わりに成績証明書と卒業見込証明書を添付してください。
応募先: 〒334-0073 埼玉県川口市赤井1丁目10ー7 まずE-mailで連絡ください。
問い合わせ TEL: 048-446-6786  問合せメールを作成

当社の求人姿勢 (採用までの手順等なども記載) も参考にしてください。

 

KIIANインクの採用メリット(3)

前回(KIIANインクの採用メリット(2))に引き続き、今回もKIIAN DIGITALインクのメリットについて解説します。

KIIAN DIGITALインクの採用メリット(3)
株式会社サンリュウ

■印刷~転写までのサイクルの短縮
転写紙に印刷した昇華インク画像を、すぐに転写作業に使用するのはお薦めしません。昇華インクの中の水分が完全には乾燥していないからです。200℃前後で加熱されると、残留水分はガス化して転写紙と布との間で悪さをします。濃色ベタ画像なのに、転写したら平坦なベタでなく、斑模様のあるベタになってしまったという経験はありませんか?これを防ぐには、転写紙上の印刷画像を転写前に乾燥させておくことが有効です。長尺印刷のためロールで印刷済転写紙を巻き取る場合は、自然乾燥一日は必要と言われています。
KIIANインク採用ならどうなるのでしょうか?前回までに詳細したように使用インク量が減るので、その分転写紙に付着する水分量も減ります。当然、必要な乾燥時間も短くなり、作業効率がUPする訳です。

 

■転写紙上で乾燥が早い

1.印刷18時間後の引き伸ばしテスト:
乾燥の早さを比較するため、CMY300%ベタ画像を用意し、夕方4時に、HANAEインクとKIIANインクそれぞれでこのベタ印刷をした転写紙を放置して帰り、翌朝10時(18時間後)に引き伸ばしテストを行いました。

具体的には、ベタ画像の上に同じ転写紙の裏側を強く押し当てて横方向にずらしてみました(転写紙の巻取状況を想定)。二種類のインク、HANAEインクとKIIANインク両方とも余白部が少し汚れましたが、HANAEインクの汚れの方が目立ちました。添付画像1. 左右に並ぶベタ画像は、同じインク量を吐出させたもので、色はKIIANインクベタの方が濃くなっています。

 

添付画像1.  擦られて汚れたCMY300%ベタ画像(印刷18時間後)

左:KIIANインク、右:HANAEインク

 

 

2. 引き伸ばしテスト2回目 1分、3分、5分後:

次に、印刷した後の放置時間を分け、1分、3分、5分毎に同様のテストを行いました。印刷18時間後の引き伸ばしテスト時と比べて、転写紙の裏側を押し当てる力は少し弱めました。

ベタが三本並ぶ 添付画像2. が、その結果です。ベタの左側と中央の2本はKIIANインクで、右側がHANAEインクです。それぞれ、KIIAN左、KIIAN中央、HANAE右と仮に呼称します。

KIIAN左は、HANAE右のインクベタと同濃度になるインク量で印刷したベタです。KIIAN中央は、HANAE右のインクベタと同じインク量で印刷したベタです。KIIAN中央のベタが最も濃い濃度で印刷されています。

A、B、C三段に分けた引き伸ばしテスト結果は、放置時間1分、3分、5分(下から上方に向かって)による差を示します。

HANAEインクベタは、18時間後の引き伸ばしテスト結果との比較で、軽い荷重にもかかわらず、より多くのインクが削られています。18時間後よりも、もっと未乾燥状態と理解できます。

これと比較すると、HANAEインクと同じインク量のKIIAN中央インクベタは、削られ方が非常に少なく、濃度を同じにしてインク量を減らしたKIIAN左インクベタは、A部分の5分経過時なら削られる部分が無く、余白部汚れが全く無いレベルまで来ています。

このあまりに大きな差は、インク乾燥差だけでなく、インクが硬化する構造による影響も加わっているように感じました。例えば、KIIANインクのと比較するとHANAEインク硬化膜は転写紙の、より表面側に形成されて引っ掻かれ易い、といった構造なのかもしれません。

 

添付画像2. 擦られて汚れたベタ画像(印刷1,3,5分後)

左から、KIIAN左、KIIAN中央、HANAE右

KIIAN左:HANAE右のインクベタと同濃度になるインク量のKIIANインクで印刷

KIIAN中央:HANAE右のインクベタと同じインク量のKIIANインクで印刷

HANAE右:比較元として使用。HANAEインクでのベタ印刷

A横軸部分は5分後、B横軸部分は3分後、C横軸部分は1分後に擦った結果(印刷18時間後のテストよりは弱い力を使用)

 

この一連の引き伸ばしテスト結果から言えるKIIANインク採用メリットは、印刷後の転写紙巻取が容易になること、プリンターでの巻取り途中や転写機上でのロールからの引き出し時に弛んだ部分で発生し易い、擦れ不良の減少、などが挙げられます。

なおご紹介が遅くなりましたが、KIIAN DIGITALインクの採用メリット説明のためのテストに用いている転写紙は、すべてColdenhove(コールデンホフ)社の転写紙です。Coldenhove社はインクジェット昇華転写紙の基本となるガスバリア性に関する世界特許を取得して、メーカー各社にライセンス供与を行っている会社です。その転写紙は世界標準となっています。

次回は最終回で、「転写紙波打ち減少」と、「転写率の悪い転写紙、インク受容性の低い転写紙使用可」の説明です。