Sublimation」カテゴリーアーカイブ

Decoral System社のご紹介

Decoral System社(公式サイトはこちら)は、アルミなど複雑な形状へのパウダーコーティング(粉体塗料)と昇華転写技術を合わせたシステムの製造を行なっているリーディングカンパニーです。

(株)サンリュウは、Decoral System社の日本市場輸入元です。

Decoral System社は、1973年にイタリアでアルミニウムの加工業をスタートしました。1993年にはDecoral転写システムで特許を所得し、本格的に金属などに木目や大理石柄の加飾を行なうシステムの販売を開始しました。現在では98の国と取引があり、74個の特許を所得しています。

Decoral System社

転写対象は、サッシ、フェンス、ドア、ドアノブ、テーブルなどの建材や什器の他に、アルミホイールやマグカップ、花瓶などの複雑な3D形状になります。アルミニウムの装飾だけでなく、スチール、PVC、ガラスなどを含む幅広い素材の装飾会社としても発展しています。

加飾されるイメージは、木目や大理石、迷彩の様な連続柄はもちろん、イラストや写真などのイメージも可能です。

 

Decoral Systemの特徴
・パウダーコーティングの採用により、ムダがなくエコで環境に優しい
・高耐候 ※
・複雑形状への加飾
・小ロット生産可

※耐候性に関する過去の記事はこちらです!

パウダーコーティングと転写フィルム

◆パウダーコーティング(粉体塗料)
Decoral Systemの技術は特殊なパウダーコーティングを施す事から始まります。2000種類以上の色や仕様が用意されています。パウダーコーティングした鋼板はQualideco(※1)の承認が得られます。
※1:Qualidecoとは、コーティングされたアルミニウムに適用することができる特別な仕上げのための国際的なラベルです

◆転写フィルム
オフセット印刷で印刷した昇華転写フィルムです。
2000種類以上のパターンが用意されています。

 

昇華転写オーブン(Model-VIV)

◆転写プラント
Decoral Systemでは長年の経験を活かし、多様な仕様に適した機械を提供しています。
2D/3Dのあらゆる寸法の対象物に加飾することが可能です。

 

Decoral Systemのプロセス

Decoral Systemのプロセス

 

様々な対象物への転写例

アルミサッシ

バイクフレーム

ドアノブ(取っ手)

ガレージ扉

ドア

窓フレーム

外窓の窓フレーム

その他、多種多用な対象物への転写例ギャラリーはこちらです!

 

★Decoral System社のカタログに日本語説明をつけた過去の記事はこちらです!

Decoral Systemにご興味ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

Monti Antonio社製品が選ばれる理由と新機能のご紹介

当社が2005年から機械販売を始め、現在でも取り扱いを行う、イタリアの転写機の製造販売トップメーカーである「Monti Antonio社(公式サイトはこちら)」

そんなMonti Antonio社製品が長年選ばれ続ける理由と、進化を続ける最新の機械の新機能をご紹介します。

 

◆下記、PDFファイルへのリンクはこちらをクリック!

monti_select_newfunction

※ズームは「140%」を推奨します

 

Monti Antonio社製の機械に限らず、海外製の機械は急なアップデートやモデルチェンジが多々あることと思います。当社では、それに伴う新機能にも経験豊富な技術部員が日々知識を高めながら対応しておりますので、ご安心ください。

Monti Antonio社製品にご興味ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

【Monti Antonioに関する過去の記事】

◆Monti Antonio社のご紹介と、熱転写機ラインアップに関する記事はこちらです!

◆Monti Antonio社と弊社とのこれまでの歩みに関する記事はこちらです!

◆最新のMonti Antonio社製機械の納入に関する記事はこちらです!

 

 

Monti Antonio社製 M902-2000納入

弊社は、Monti Antonio社製の機械販売を2005年から開始して15年になりました。

弊社が納入した一番古い機械は、まだまだ現役で24時間稼働を続けています。

Monti Antonio社製が選ばれる理由は、世界的に見ても日本はより高品質を求めているからです。「高品質=温度安定」なので、オイルヒーターを数十年前から採用し多くの経験と実績のあるMonti Antonioが選ばれています。

たしかにMonti Antonio社製品の価格ボリュームはしっかりしていて、導入にも勇気が必要だと感じます。ただし、それを裏打ちする「高品質」で応えてくれるのが、Monti Antonio社製品の強みではないでしょうか。

 

M902-2000は、熱ドラム直径が1000㎜、熱ドラム幅が2000㎜の大型機になります。

 

以下の写真は、東京港から運送会社の倉庫に到着したところです。

※開梱して納入前の最終確認を行っている様子

この機種はMonti Antonioの中でも大型機の部類ですが、弊社で一番売れているスタンダードマシンです。多くの経験値があるので、これから納入されるお客様も満足していただけるはずです。

 

◆Monti Antonio社のご紹介と、熱転写機ラインアップに関する記事はこちらです!

◆Monti Antonio社と弊社とのこれまでの歩みに関する記事はこちらです!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

追記:~納入後記~

本稿でご紹介した、Monti Antonio社製M902-2000の納入が無事完了しました。

通常の流れ通り、納入→機械組み立て→設置(レベル出し)→試運転(電源投入、転写)までを行いました。

納入に関しては、当社が長年お世話になっており、機械搬入の経験値も数多く、信頼のおける輸送会社にお願いをしたことでスムーズな納入となりました。

また、お客様からは新たなご要望・ご意見をいただきましたので、それらの課題解決に向けて、今後も取り組んでいきたいと思っております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

Monti Antonio社製品にご興味ございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

 

大型真空プレス機のご紹介

Monti Antonio社は、2019年末に大手カーペットメーカーと協力し開発された大型真空プレス機【M200】を発表しました。

既存モデルから大幅に昇華インクの発色性や浸透性が改良されました。

真空プレス機の特徴は、プレス圧力をかけず真空圧だけで転写プロセスを完了させるので繊維のより奥まで染色することが可能で、パイルを押しつぶすこと無く表面の柔らかさを保ったまま転写ができます。さらに、転写紙の紙跡も残らず輪転型より低温での転写が可能となります。

合成繊維のカーペット、タオル、ラグマットをビックサイズのまま最終商品に仕上げることが可能で、ライクラや収縮生地の転写にも有効です。

 

◆Monti Antonio社のご紹介と、熱転写機ラインアップに関する記事はこちらです!

◆Monti Antonio社と弊社とのこれまでの歩みに関する記事はこちらです!

 

ご興味ございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

ピエゾ方式のインク波形について

ピエゾ方式のインクジェットプリンターは、ピエゾ素子が振動しプリントヘッドからインクが吐出する仕組みとなっています。


ピエゾ方式の仕組み

 

ピエゾ素子が凹むまでの時間、キープする時間、押し出す時間、そしてその振動の強さ(電圧)をインク波形(ウェーブフォーム/Waveform)によって制御し、的確で安定したインク吐出を可能にします。

また、熱をかけないため、使用環境の気圧や気温に影響を受けにくく、ヘッドの耐久性が高いのも特徴です。

 

3階調(グレースケール/Gray Scale)のプリントヘッドなら、3回の振動でインクを吐出し、大・中・小のドットサイズを形成します。これがバリアブルドット印刷です。

インク波形と素子電圧によってインクドット形状の精度や着弾位置の正確さに影響が出ます。

インクドットを異なるサイズに打ち分けるバリアブルドットにより、諧調豊かな高画質プリントを実現し、粒状感のないなめらかな画質が得られ、シャープな小文字や繊細な肌のディテールまで表現することができます。

 

これがプリンターメーカーさんのノウハウです。

このインク波形が適正でないと、印刷結果にざらつき感が出たり、連続印刷でインク供給が間に合わずノズルが詰まったり、などの問題が発生してしまいます。

 

転写用下紙Fのご紹介

 

弊社で販売している転写用下紙 F のご紹介です。

下紙やアンダーペーパーと呼ばれ、輪転機のフェルト汚れ防止等に使われています。

転写用下紙 F は19g/㎡ と非常に薄く低価格ですが、昇華ガスのガスバリア性が非常に高い特徴を持つ下紙になっています。

 

以下の写真は、弊社でテストした結果です。
※画像クリックで拡大できます ↓ ↓ ↓

 

下記の図のような順番で生地を置き、200℃ 300秒の昇華転写を行ないました。
テスト結果の写真は下部プラテンの上に乗せたポンジ生地です。

過多な熱量を加え、下紙が昇華ガスをどの程度貫通させるかで評価します。

結果として、転写用下紙 Fがガスバリア性に優れていることが分かります。

19g/㎡と薄いですが、※Monti Antonio製輪転機の特徴であるシワ防止の高いテンションで破れることなく使用できます。また、他社製輪転機での使用も可能です。

※Monti Antonio製輪転機詳細ページ
https://sanryunews.com/montiantonio/

 

【下紙Fの商品ラインアップ】
◆1370㎜幅 x 1051m \21,500  ¥15/㎡ (¥20/m)
◆1520㎜幅 x 900m   \20,700  ¥15/㎡ (¥23/m)
◆1730㎜幅 x 800m   \21,000  ¥15/㎡ (¥26/m)

HP商品掲載ページ
https://www.sanryu.com/tensya/tensya_paper.htm

 

ご興味ございましたら、評価用サンプルをご用意いたしますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

『HANAE-PX-H』値下げ

昇華インク『HANAE-PX-H』値下げのお知らせ

「え?値下げされていたの?」

請求額が誤っているのではないかとのお客様からの丁寧なお問い合わせをいただき、2月1日からHANAE-PX-Hインク価格を下げたことをご説明した時に頂いたお客様の言葉です。価格表を付けて皆様にご案内を差し上げていたのですが、十分ではなかったようです。HPへの掲載も無かったので、今回掲載させていただきました。

転写紙などが値上げされる中、今何故 HANAE-PX-Hインク値下げなのかの説明をさせて頂きます。このインクは途中の改良を含めると、7年以上にわたった販売を続けています。ノズル詰りの少なく安定している、他社よりも黒色がしっかりした発色で画像にメリハリが出る、などのご好評を頂き、当社のベストセラーインクになっています。

値下げは、このインクをお使いの複数のお客様の業績が拡大してご購入量が増えていること、メーカーとの交渉の結果、当社仕入れ値を下げさせることが出来た結果です。この仕入れ価格下げ効果を、当社が本格的に享受できる時期には、さらに一段の販価の下げを行う検討も進めています。

現在他社インクをご使用中で、コストダウンや品質向上を計るため、「サンプルインクを試してみたい」というお客様は、ぜひご一報ください。ご使用中のインク名称と比較データを頂ければ、当社で比較サンプルを作製できる場合もあります。お問い合わせ下さい。

いつも弊社商品をご愛顧いただいている皆様に、昇華インク『HANAE-PX-H』の販売価格を値下げいたしましたことをお知らせいたします。

2019年2月1日より、以下の通り値下げいたしました。

商品サイズ 旧価格(税抜) 新価格(税抜)
1L ボトル ¥7,400 ¥6,600
500㏄ ボトル ¥4,600 ¥4,100
200㏄ ボトル ¥2,400 ¥2,200
100㏄ ボトル ¥1,560 ¥1,400

 

おかげさまで同商品の取扱量が増え、メーカーとの交渉の結果、仕入れ価格を下げることができました。また、同時に仕入れ管理コストも軽減することができました。
これに伴い、会社設立以来の方針のもと、お客様へ還元させていただきます。

現在、さらなる値下げ交渉を継続中です。結果が出ましたらお知らせいたします。

Coldenhove社昇華転写紙のご紹介(続)

■転写紙メーカー名公表後

前回紹介(昇華転写への軌跡)したおかげと思います。転写紙問い合わせでメーカー名の「Coldenhove」や「コールデンホフ」という検索用語で当社HPに来訪されるお客様が増えているようです。これらのお客様の多くが、当社が日本で未発売の転写紙についてもメーカーの型番を指定してのご質問やサンプル送付依頼を下さいます。皆様がインターネット検索を駆使して情報収集に熱心なことを感じると同時に、Coldenhove転写紙の日本販売代理店として、メーカーの商品を正確に幅広くご紹介しなければいけないということを痛感させられています。

■Coldenhove社 日本市場担当・Gijsbert Harmsenさん
Harmsen(ハームセン)さんが、私どもをフォローしてくれる営業責任者です。年に何回かは来日して、情報交換をさせてもらっています。遠方であっても、ある程度の使用量を期待できるお客様には、出張して一緒にご訪問させていただいたこともあります。私どもからだけでなく、メーカーの方針や最新市場動向などをHarmsenさんから直接聞きたいというお客様はご一報ください。来日時期とお客様の都合が合えばご訪問予定を取らせていただきます。

https://www.coldenhove.com/contact/our-sales-team.html

↑Coldenhove社セールスチーム/Harmsenさん写真も掲載されてます。

 

■転写紙型番の数字の若干の違いについて
当社の商品名「薄手 Light」としている商品は、メーカー品番では Jetcol HTR1000です。メーカーホームページには、Jetcol HTR1100という型番も載っており、混乱するかも知れません。仕様説明内容を読むと、重量が 66gと64gと違いはあるものの、他の内容は全く同一です。ですから、違う商品が用意された訳ではないのです。メーカーが一部設備を更新して製造した結果、工程の関係からこのような差が出ているもので、異なる品質の商品作りを目指したものではありません。転写画像品質も変わらないので、皆様は同一商品と解釈して結構と思います。

■ジャンボロールの取り扱いを開始します
前回紹介したように、高速プリンタの普及に伴い、転写紙の販売が急速に伸びています。プリンタに搭載される転写紙ロールは長尺化して、千m台の長さのミニ・ジャンボロールから、1万mを超えるジャンボロールが用意されています。その代表的商品が Jetcol Industrial Xtremeです。幅は、1620mm~3200mmです。当社もこの取り扱いを開始します。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

 

■付随技術
ジャンボロールは、長尺化に伴いロール直径が大きくなり重量も増します。これを押さえるのには紙厚を薄くすることが効果的です。薄くなった紙でもインク中の水分でコックリング(波うち)が起こらないようにするために、濃度の高い昇華インクが求められます。濃度の高い昇華インクは、ヘッドが詰まり易い傾向があります。当社はこのための詰まり難い高濃度昇華転写インクもご用意しました。このインクは一般的な1.6m幅程度のプリンタにも搭載できます。日頃、印刷中に、「ヘッドが転写紙に当たってしまう」とお困りの方は、ぜひこの高濃度インクをお試しください。

 

『転写用楽枠ライト』のご案内第二弾です!

小型熱プレス機用Tシャツ拡張フレーム『転写用楽枠ライト』を前回発表 しました。Tシャツに、転写用楽枠ライトを装着して転写機へ→ 装着したまま熱プレス→ 装着したまま取り出しで、作業効率UP!

Tシャツ拡張用のフレームで、転写作業時の効率アップ、火傷避けに効果等を期待できるものです。

 

「特に、熱プラテンを上下旋回開閉する「あおり式とかヒンジ式と呼ばれる転写機の場合は、上下空間が狭いので効用大とお伝えしました。今回は実際の使用方法についてです。

あおり式転写機のプラテンは上昇させると手前側は大きく開きますが、奥の方は非常に狭いスペースしかありません。ここに手を差し込んでのシャツ拡張作業は注意を要します。プラテンに触れて、火傷し易いのです。

写真1 Tシャツを楽に転写機にセット、そのまま熱プレス可能

写真1のTシャツは、転写用楽枠ライトを通して広げられた状態で、転写機に立てかけられています。転写用楽枠ライトを使えば、このようにシャツをぴんと張った状態に維持させることが出来ます。ですから、狭いスペースであっても、手を奥に差し込む必要は無く、安全にセット作業が出来ます。転写機にセット後に、そのまま(Tシャツに転写用楽枠ライトをセットしたまま)で熱プレスを行います。転写後の取り出しももちろん簡単です(写真2)。

写真2 熱プレス後、転写用楽枠ライトごとTシャツを楽に取り外し

 

ここで使用方法についてのアドバイスです。

写真3 Tシャツと転写用楽枠ライト

転写機の奥中央に支柱があって、奥行き方向スペースが十分ある場合:

写真3の転写用楽枠ライトとTシャツは、転写機の奥中央に支柱があって、奥行き方向スペースが十分ある場合の上下です。

写真4 支柱が奥にある転写機なら左右の中心出しが容易

この上下位置でTシャツと共に転写用楽枠ライトの中央上部のフレーム凹みを転写機支柱に押し当てれば、簡単に左右の中心が出せます。

支柱が奥にある転写機なら、Tシャツに、転写用楽枠ライトを装着して転写機へ(容易に左右の中心出し)→ 装着したまま熱プレス→ 装着したまま取り出しで、作業効率UP!

 

転写機の奥行き方向スペースが十分にない場合:

それに対し、あおり式転写機では、中央上部のフレーム凹み部を差し込むだけのスペースが無い機種が多くあります。この場合は、フレーム上下を逆転させて使用します(写真1、写真2参照)。スペースが狭い機種でも、転写用楽枠ライトの使用が可能になります。

写真5 奥行方向が十分ではない転写機の場合は上下を逆に

 

お使いの転写機寸法が特殊で、上記使用方法でも転写用楽枠ライトを利用できない場合はご相談ください。特別仕様の転写用楽枠ライトも検討させていただきます。

 

★同業者様へのご注意
転写用楽枠ライトは、その使用法などに関する特許申請をしています。同様商品を発売される場合はご注意ください。なお、申請間もないので、特許は未だ公開されていません。

 

※2018.8月に小型熱プレス機用Tシャツ拡張フレームの商品名称を変更しました: 楽枠ライト → 転写用楽枠ライト

 

Monti Antonio社との歩み

「貴社の転写システムを日本で販売できないかどうか、問い合わせしました」

こう、インターネットで検索して見つけたイタリアの Monti Antonio社に問い合わせを入れたのは 2002年の11月です。もう16年前になります。以後、直輸入を開始して、大型フラットベッドタイプから輪転高速機までの様々なタイプのシステムを日本で販売してきました。写真のシステムは小型輪転リボン布用転写システム、M-76型です。

ご覧の写真のように、納入前には、当社技術者が出荷前の確認作業を行います。当社の自慢は、15年のアフターサービス必要期間でメーカー技術者の出向要請をしたことが一度しかないということです。その一度も、顧客へ納入後にシステム中心部まで分解しなければならないメーカーのヒーター組み込み不良によるもので、通常のアフターサービスでは必要の無いレベルの物でした。通常のアフターサービスでは、大型輪転システムのフェルト交換作業などを含め、豊富な経験を持った社内技術者が対応しています。

 現在は、Monti Antonio社システムを取り扱う他の商社も出てきています。それでも、少なくないお客様から、営業をしないでもご購入の際にご指名頂ける理由を、20年以上前に取り組んだインクジェット昇華転写印刷のカラーマネジメント技術を含めた当社技術サポート力と捉えています。「しわが発生するので下紙が悪い。もっと薄いものが良い」と訴えてこられたお客様がいらっしゃいましたが、当社サービス技術者がシステムの使用方法をアドバイスした結果、同じ下紙を問題なく使えるようになった例などもあります。

ここで、新規に転写システム導入をご検討に皆様に是非ともお伝えしたいことがあります。他社の転写システムと比較すると、Monti Antonio社システムは高価です。迷われると思いますが、予算が取れるのであれば絶対お勧めです。当社のお客様で、導入後にシステムに苦情を言われるお客様はいらっしゃいません。予定されたご商売が無くなったところ以外は、ほぼ満足され、多くが二台目以降もMonti Antonio社システムを導入されています。

 当社も、昇華転写印刷取組み時期にアジア製の廉価なシステムを取り扱ったことがあります。それなりの活用はされたのですが、比較すると頻繁な故障対応が必要な上、品質が限定されていました。当社の顧客で、高い印刷品質で各社の目標になっているお客様も、お使いのシステムはMonti Antonio社のものです。このシステムをお勧めしているのが(株)サンリュウであるということをご検討材料の中にお加えください。

→ さらに詳しく Monti Antonio社の転写システム について