月別アーカイブ: 2020年5月

日本経済新聞にアイスコーンプリンターが掲載

前回更新記事、『月刊「食品機械装置」に掲載されました』では当社の可食インクインラインプリンターの掲載をご紹介しました。

今回は、日本経済新聞のWeb記事に、当社の「アイスコーンプリンター」が掲載されました!



記事内容はこちらをクリック!
※日本経済新聞 2020/5/27掲載



アイスコーンの全周に、イラストやキャラクター、文字など任意のデザインをプリントできる可食インクプリンターです。

また、アイスコーンのような円錐形だけでなく、円筒形対象物へのプリントも可能で、アイスコーンはもちろん、食品用途、それ以外の用途でも可能性が広がるプリンターになります。


◆過去記事『アイスコーンプリンターのご紹介』

https://sanryunews.com/2020/04/28/ice-cone-printer/
※実際にアイスコーンに印刷している様子の動画もありますので、ぜひご覧ください!

◆当社のフードプリンターページ

https://www.sanryu.com/print/flatbed02.htm


当社のアイスコーンプリンター含め、フードプリンターにご興味ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


月刊「食品機械装置」に掲載されました

当社の可食インクインラインプリンターが、月刊「食品機械装置」に掲載されました!



『食品搬送を変えるステンレススチールベルト』というテーマで、食品の安全とSDGsの目標達成のために、ステンレススチールベルトが適している理由と使用実例が掲載されています。

その中で、ステンレススチールベルトを採用した当社のフードプリンターについても触れていただきました。ありがとうございます。

記事内容はこちらをクリック!
※ビジネスセンター社 月刊「食品機械装置」2020 年4 月号掲載



◆当社のフードプリンターページ

https://www.sanryu.com/print/flatbed02.htm

ご興味ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


昇華転写用「下紙F」のご紹介

当社で販売している昇華転写用「下紙 F」 のご紹介です。

昇華転写用「下紙F」のガスバリア性比較テスト動画です!

 

下紙やアンダーペーパーと呼ばれ、昇華転写時のフェルト汚染防止等に使われています。ガスバリア性が低いと昇華ガスが貫通しフェルトを汚してしまいます。

下紙Fは、昇華転写用に開発された専用紙のためガスバリア性が高い特長を持つ下紙になっており、フェルト汚染を最小限に抑えられます。

また、19g/㎡と非常に薄いですが、輪転機によるシワ防止の高いテンションでも破れることなく使用できます。

さらに、800~1000m巻きにする事が可能となり、交換頻度が少なくなり、オペレーターの負担軽減にもなります。


【下紙Fの商品ラインアップ】
◆1370㎜幅 x 1051m \21,500  ¥15/㎡ (¥20/m)
◆1520㎜幅 x 900m   \20,700  ¥15/㎡ (¥23/m)
◆1730㎜幅 x 800m   \21,000  ¥15/㎡ (¥26/m)

「下紙F」当社HP掲載ページ ↓ ↓ ↓

https://www.sanryu.com/tensya/tensya_paper.htm

以前、「下紙F」をご紹介した時の記事ページはこちらです!


ご希望の方には、現状お使いの下紙をお送りいただければ、当社で比較テストをし、フィードバックも行います。

ご興味ございましたら、評価用サンプルをご用意いたしますのでお気軽にご連絡ください。