DecoralSystem」カテゴリーアーカイブ

耐久材加飾グループ【Subli-凸-Group】

この動画は、Subli-凸(でこ)-Groupの、技術と商品をご紹介するものです。

Subli-凸-Groupは、まだ誕生していないグループです。丸まって眠っている胎児のような存在です。お母さんのおなかの中で羊水にくるまれ、生まれてからの肺呼吸の練習、準備をしています。 私たち、Subli-凸-Groupも、誕生後の準備をしています。

元気な赤ちゃんを産むためには、お母さんが健康的に過ごすことが大事と言われています。赤ちゃんにとって良いことだそうです。

Subli-凸-Groupにとっての羊水は、二つの会社、二つの商品になります。これらに力があれば、 私たちは元気に育つことが出来そうです。Subli-凸-Group誕生の母体となる、これらの二つの商品を使って、様々な加飾物を創造することが私たちグループの目的なのです。

ではこれから、この二つの会社、二つの商品と、 Subli-凸-Groupの加飾技術についてご説明させていただこうと思います。

■二つの会社と商品 Decoral system, Duraluxe Inc
二つの会社とは、イタリアのデコラルシステム社と、米国のデュララックス社のことです。二つの会社と言っても、デュララックス社は、米国デコラルシステム社の子会社ですから、親子の関係にあります。

ここでは簡単に、どちらの会社も、アルミ素材への加飾技術で世界をリードする会社とご理解ください。
加飾物の形で分けるなら、デコラル社の素材は立体で、デュララックス社の素材はフラットなプレートと分けるのが分かり易いです。
立体で想像頂きたいのは、例えばアルミサッシ枠です。入り組んだ複雑な形をしていますが、木目の全面印刷が出来ます。バキューム昇華転写方式ですから、模様が凹んだ溝の内側にまで入り込みます。
一方の、デュララックス社アルミプレートには、皆様がお持ちの昇華型インクジェットプリンタで印刷した画像を転写出来ます。

両社の加飾物の最大の特長は、耐候性にあります。画像を保護するオーバーコートや、ラミネート加工は要りません。画像を転写した後のそのままで、デコラルシステムでは、屋外耐候性15年保証のものまで製作できます。
デュララックス社のプレートでは、屋外耐候性5年保証のデジタル画像転写が出来ます。高耐候性だけが特長ではありません。

両社商品とも、不燃性、抗菌性、耐汚染性、耐擦過性を与えることが出来ます。折り曲げ適性もあるので、デュララックス社のプレートの場合、画像転写後に折り曲げて成型して立体化できます。アート造形物も作れます。

■Subli-凸(でこ)-Groupの構成と、その加飾技術
Subli-凸-Group、英語と漢字の混じった変なグループ名ですから、その命名理由からお知りになりたいですか?中央の漢字は“トツ”ではなく、“でこ”と読んでください。
デコラルシステムの「でこ」だけでなく、加飾物が設置される建物、ビルの形を表したつもりです。建物をアートで飾るプロ集団、こんなイメージを伝えたくて命名したのが Subli-凸-Group です。

<株式会社サンリュウ>
グループ設立の企画者は、株式会社サンリュウです。
ぼんやりとですが、定めているのは、デコラル社とデュララックス社の加飾物を製作して販売するという最低限の業務範囲と、【製作に必要な加工能力を持つ会社】+【加飾物を使用するユーザーへ販売する会社】の寄り合い所帯のようなグループということだけです。

サンリュウは、20年以上前にインクジェット昇華転写システム販売を開始しました。
現在もイタリアMontiAntonio社の熱転写機、オランダColdenhove社の昇華転写紙、スイスのErgoSoft社のプリンタ用ソフトRIP、など昇華転写印刷に必要な世界のトップ商品の輸入元です。
蓄積してきた高い技術ノウハウを持っています。
グループでは、デコラル社とデュララックス社商品への、昇華転写加工現場をサポートする役割を担います。
商社としての素材販売に留まらず、グループ内で、印刷加工まで自らも請ける考えです。

<有限会社テクノ>
アルミ素材に昇華転写するには、素材表面に塗装皮膜が形成されていなければなりません。
デコラル加飾物は、内装外装用の建材に多く採用されます。加飾物形状は建築現場によって様々です。ですから、標準形状素材の在庫でなく、物件毎に異なる形状のアルミ材への塗装加工が必要になります。
グループ構成員としてデコラル社の静電パウダーでの塗装加工の出来る会社が必要になる訳です。有限会社テクノは、デコラル社静電パウダー塗装から、木目画像のバキューム転写までの仕事を既に始めています。電解着色、切断・曲げ、溶接加工なども得意な会社です。

これに対して、デュララックスアルミプレートはフラットなプレートで標準サイズが決まっています。こちらは塗装済素材の在庫が可能です。
しかし、画像を転写してそのまま使用される用途ばかりではありません。建材用途であれば穴開けパンチング加工や、折り曲げ加工をした製品も必要なことがあります。
例えば、防音板、金属天井板、壁面板、フェンス等、です。このように多様な形状が求められることを考えれば、メタル加工が得意な会社のグループ参加も期待したいところです。

<参加企業を広く募集中>
もちろんフラットベッド熱プレス機を所有して昇華転写の仕事をしている印刷会社の参加も募る考えです。
すでに、特殊印刷で広く知られている有限会社エクセル・タム、有限会社リタネットなどから参加希望が寄せられています。また、素材加工まで行うアルミ素材問屋さん、バキューム転写機やMontiAntonio社のフラットベッド熱プレス機を所有している印刷業者さんなどからも説明を求められています。各社のご興味をお聞きしながらグループを育てて行こうと考えています。

お断りしておきますが、取り扱う素材はアルミに限定されません。デコラルシステム加飾物として、既にタイルやガラス、木質繊維を原料としたMDF成型板などまでが納入され始めています。
昇華転写技術に制約を受けることもありません。グループで知恵を出し合って、技術革新を進め、世の中に新しい価値を創造して行けたらと思います。皆様も力を貸してください。

ご一緒にアート造形物を創作して行きませんか?


株式会社 サンリュウ

〒334-0073 埼玉県川口市赤井 1-10-7
Tel: 048-446-6786
www.sanryu.com

昇華転写用耐候建装材「Duraluxe」のご紹介

デジタル印刷と建材の融合に新たな可能性を持つ、昇華転写用耐候建装材「Duraluxe(デュララックス)」のご紹介です。

画像の屋外耐光性保証5年以上の、昇華転写用アルミプレート「Duraluxe」

◆Decoral社とDuraluxe社 

Decoral System社は、1973年にイタリアに誕生したグループ会社です。1990年代初頭にDecoral昇華転写システムを開発して特許を取得しました。
この技術を用いて、管状フレームや平板材から複雑な形状のオブジェクトまでの、様々な金属製品に木目模様などを形成できます。
建築業界でドアや窓の美観を高めただけでなく、森林保護にも貢献しているので、環境にも良い影響を与えています。

Decoral社は、昇華転写用耐熱素材と、熱転写システム製造においてパイオニアであり、現在は世界のリーダーです。
静電塗装パウダーや熱転写フィルムのような資材だけでなく、設備とノウハウも販売して、トータルで顧客サポートを行なっています。
VOCフリーの製造であり、環境と人の健康の保護にも力を注ぐ企業です。

装材への木目や大理石模様印刷で世界をリードしてきたDecoral社の自然な発展として、 2015年に米国で Duraluxe社が設立されました。

◆「Duraluxe」7つの特長 
1. 高い耐候性 
2. 引っ掻き強度 
3. 落書き耐性機能 
4. 曲げ加工ができる 
5. 抗菌性(銀イオン) 
6. 耐火性 
7. VOC(揮発性有機化合物)フリー 

Duraluxe社は、2017年に光沢やマットなど4種の表面を持つ昇華転写用アルミプレートを発売しました。
現在は、Glow(蓄光)などを追加した計8種類の商品があります。
これらのプレートは、画像形成後であっても、曲げ・せん断・穴あけ・パンチ・ウォータージェット・ルーター加工が可能な昇華転写素材です。屋外耐光性7年保証のものまであります。

◆施工例 
フォトグラフィー(写真画像用印刷パネル)

サイネージ

インテリアデザイン

建築材

折り曲げ加工製品

台所・水回りのバックスプラッシュ

お風呂場・シャワールーム等の壁パネル

天井パネル

外壁への印刷建築材

◆耐候性テストデータ 

◆(株)サンリュウはデジタル関連資機材の技術開発型総合商社です
主要な位置を占めてきた古参企業を相手にしてひるむことなく、生まれたての新しい企業が次々に参入してくるデジタル画像印刷の業界。

平成7年創立以来、営業を置かず、技術一筋の追求に邁進。
デジタル印刷革命が市場に浸透する中、技術的には常に業界最先端の場所にいられたと自負しています。川口市に本拠地を置き、取得した特許の実施権供与相手は世界のトップ企業です。

新しい技術を何処よりも早くキャッチして日本市場に紹介してまいりました。
インクジェットプリンターを使った昇華印刷システム及び昇華転写システムは、日本でも早くから取組み、20年以上の実績を築いてまいりました。

今回は、昇華転写用耐熱素材と、熱転写システム製造においてパイオニアであり、現在は世界のリーダーであるイタリアのDecoral System社とグループ会社であるアメリカのDuraluxe社の協力を得て、日本国内での販売展開を進めてまいります。

弊社が築き上げてきた昇華転写のノウハウを発揮できる商品と位置づけておりますが、商品のマーケットは弊社の経験してきた業界とは違っております。
この商品の可能性に興味のある業界の企業の方々のお力も借りながら、新たな市場への展開を進め
てまいります。

ご興味ございましたら、ぜひお問い合わせください。


株式会社 サンリュウ

〒334-0073 埼玉県川口市赤井 1-10-7
Tel: 048-446-6786
www.sanryu.com

 

Decoral System社のご紹介

Decoral System社(公式サイトはこちら)は、アルミなど複雑な形状へのパウダーコーティング(粉体塗料)と昇華転写技術を合わせたシステムの製造を行なっているリーディングカンパニーです。

(株)サンリュウは、Decoral System社の日本市場輸入元です。

Decoral System社は、1973年にイタリアでアルミニウムの加工業をスタートしました。1993年にはDecoral転写システムで特許を所得し、本格的に金属などに木目や大理石柄の加飾を行なうシステムの販売を開始しました。現在では98の国と取引があり、74個の特許を所得しています。

Decoral System社

転写対象は、サッシ、フェンス、ドア、ドアノブ、テーブルなどの建材や什器の他に、アルミホイールやマグカップ、花瓶などの複雑な3D形状になります。アルミニウムの装飾だけでなく、スチール、PVC、ガラスなどを含む幅広い素材の装飾会社としても発展しています。

加飾されるイメージは、木目や大理石、迷彩の様な連続柄はもちろん、イラストや写真などのイメージも可能です。

 

Decoral Systemの特徴
・パウダーコーティングの採用により、ムダがなくエコで環境に優しい
・高耐候 ※
・複雑形状への加飾
・小ロット生産可

※耐候性に関する過去の記事はこちらです!

パウダーコーティングと転写フィルム

◆パウダーコーティング(粉体塗料)
Decoral Systemの技術は特殊なパウダーコーティングを施す事から始まります。2000種類以上の色や仕様が用意されています。パウダーコーティングした鋼板はQualideco(※1)の承認が得られます。
※1:Qualidecoとは、コーティングされたアルミニウムに適用することができる特別な仕上げのための国際的なラベルです

◆転写フィルム
オフセット印刷で印刷した昇華転写フィルムです。
2000種類以上のパターンが用意されています。

 

昇華転写オーブン(Model-VIV)

◆転写プラント
Decoral Systemでは長年の経験を活かし、多様な仕様に適した機械を提供しています。
2D/3Dのあらゆる寸法の対象物に加飾することが可能です。

 

Decoral Systemのプロセス

Decoral Systemのプロセス

 

様々な対象物への転写例

アルミサッシ

バイクフレーム

ドアノブ(取っ手)

ガレージ扉

ドア

窓フレーム

外窓の窓フレーム

その他、多種多用な対象物への転写例ギャラリーはこちらです!

 

★Decoral System社のカタログに日本語説明をつけた過去の記事はこちらです!

Decoral Systemにご興味ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

DECORAL熱処理機

各種フィルム用の熱転写機(各種サイズあり)

decoralsystem0017IR 100 x 220

3Dフィルム昇華転写用の3Dバキューム転写機シリーズdecoralsystem0018Mod. VIV 251 / Mod. VIV 461

decoral-system-min-viv-861Mod. VIV 861


関連リンク: Decoral System社カタログ