デコラル瓦版(その一):シャッター

デコラル瓦版(その一):シャッター

メーカーのDecoral社が日本語のHPを解説したのが昨年の2月でした。そのおかげもあるのか、Decoralシステムでの加飾物の品質が高い評価を得ているためか、その後は、お客様からの問い合わせが増えているように思います。

天然木材使用の商品と比較すると、メンテナンスが要らない、燃える心配がない、高級感がある、抗菌性を持たせることが出来る、などの特長が評価され、私どもの加飾品施工実績も確実に積み上がっています。私たちの中で確かな感触として大きくなっている印象は、「将来Decoralシステムでの加飾物が、もっと色々な場所に設置される。広い用途で使われる」というものです。

「このような優れた商品を世の中に知らせないのは、輸入元としては失格」と思います。そんな訳で、Decoralシステムの詳細を今後とも紹介したり解説したりしていきたいと思っています。その小さな第一歩(のニュース記事)として、この“デコラル瓦版”をスタートさせることにしました。

デコラル瓦版(その一)でお伝えするのは、「木目調のバハマシャッター」です。

添付写真は、米国Decoral社の広報メールからご提供いただきました。Decoral転写システムを使って、アルミの無地表面は、リアルな木目に変身させられています。最大20年保証の耐久性のある仕上げです。

バハマシャッターに限らず、ガレージシャッターや、窓シャッター、止水パネルシャッターなど、アルミ製、又は鉄製のシャッターを製造されているメーカー様からのお問い合わせを歓迎します。

単色の商品を、木目や大理石模様で飾ってみませんか?木目柄などの模様は、数百種類の中から選定していただけます。おしゃれなシャッターで他社に差をつけてみませんか?